沖縄の「生もずく」であったかヘルシー鍋♪【たべ旅女子】

©日本食糧新聞社

もずくと聞くと酢の物、もずく酢という印象が強いと思いますが、寒い時期ぜひオススメなのはあったかもずく料理! お鍋やスープにもずくを加えて、いつもの料理をヘルシーに。寒〜い冬も、もずくを楽しんでみてください!

食物繊維とミネラルが豊富な「海の野菜」

もずくは水溶性食物繊維、不溶性食物繊維が豊富です。血糖値の急激な上昇を抑えてくれる優れもの。沖縄いぜな島の早摘み生もずくは、伊是名漁協の工場で丁寧に水洗いされているため、洗わずにそのままお使いいただけます。

もずくは、100gあたりたったの6キロカロリー。食物繊維とミネラルが豊富な海の野菜です。ヌルヌル成分が腸のお掃除をしてくれる優れものなのです!

そしてなんといっても天然もずくは太さがしっかりあって食べ応えもバッチリ。無味なのでどんなお鍋やスープにいれても相性バッチリですよー。

参考サイト:
2018年12月伊是名漁協フェアのお知らせ ちゅらゆ~な株式会社

今回はもずく料理2品を紹介します!

もずくの野菜スープ

<作り方>
1.白菜など冷蔵庫に余っている野菜をブイヨンと一緒に煮込み、鳥の肉団子と一緒に煮込みます。

2.火が通ってきたらもずくを一緒に加えひと煮立ち。もずくは生でも食べられるものなので火が通ればOKです。

大人の方はゆず胡椒とゆずを添えて香りも楽しみながら頂いてみてください。

豆乳もずく鍋

【材料】
(豆乳のスープ)
水 500ml
豆乳 400〜500 ml
酒 50ml
鶏ガラスープのもと(粉末のブイヨン) 大さじ1
めんつゆ 大さじ3〜4
塩 小さじ1
砂糖 小さじ1

<作り方>
1.豆乳のスープの材料をすべて合わせて、お好みの野菜とお肉を入れ火にかけます。

お肉のオススメは豚肉!もずくとの相性もいいですし火の通りも早いので、忙しい夕食の支度にはバッチリ!

豆乳ともずくは意外と合うのです! 女性にとっては嬉しい効果がたくさんな豆乳のイソフラボン。美肌にもなり、もずくで腸をキレイにできてまさに一石二鳥鍋(笑) お子さんだけじゃなくお母さんも嬉しいですね!

年末年始の暴飲暴食が続く時期。週末は体をリセットするためにも、あったかもずくアレンジ料理に挑戦してみてくださいね!