小惑星に水、赤外線天文衛星「あかり」が発見

©株式会社sorae

神戸大学大学院や東京大学大学院、JAXAによる研究グループは、数多くの小惑星に水が存在する証拠を発見したと発表しました。

今回の研究は、赤外線天文衛星「あかり」により近赤外線にて小惑星を観測。そして、C型小惑星から波長2.7mマイクロメートル付近の含水鉱物の特徴を捉えたのです。またS型小惑星からも、例外的にですが水が観測されたものがありました。

なお、C型小惑星は水や有機物に富むと考えられる小惑星で、現在「はやぶさ2」が観測している「リュウグウ」や、オシリス・レックスが観測している「ベンヌ」もC型小惑星に分類されます。これらの観測を通して、太陽系の水の分布や成り立ちが解明されることが期待されているのです。

Image Credit: JAXA
■赤外線天文衛星「あかり」、小惑星に水を発見 -小惑星の進化過程に赤外線観測で迫る:リュウグウなど始原的小惑星を理解する大きな手がかり-
http://www.jaxa.jp/press/2018/12/20181217_astro_f_j.html
(文/塚本直樹)