「孤独のグルメ」年末は京都・名古屋へ。大みそかは生放送で食べ納め!

©株式会社東京ニュース通信社

大みそかに放送する松重豊主演のグルメドラマ「孤独のグルメ2018 大晦日スペシャル 京都・名古屋出張編 生放送でいただきます!」(午後10:00)。年末にもかかわらず京都と名古屋を12月30、31日の2日間で出張することになった井之頭五郎(松重)が、各地の街並みを楽しみながら絶品グルメを堪能する姿を描く本作のゲストが決まった。五郎の商談相手で京都のギャラリー管理人・鈴川江梨子役を鶴田真由、京都の夜に五郎が通りかかった店のおかみ役を中村ゆり、その店の大将役を橋本一郎、店の常連客役を中川家の剛と礼二、名古屋の朝に五郎が立ち寄る昔懐かしい喫茶店のママ役を高橋ひとみ、帰京前に悩みながら飛び込んだ中華料理店のおかみ役を坂井真紀が演じる。さらに、大みそかの夜には都内の人気スポットから生放送で今年最後のグルメを味わうこととなっており、生ドラマ部分にも大物ゲストが登場する。

物語は大みそか、五郎が都内某所で慌ただしい年末の2日間を回想するところから始まる。12月30日、出張先の京都で無性にうなぎが食べたくなった五郎は、江梨子と商談を済ませた後、うなぎ屋を探すも住宅街に迷い込んでしまう。ふと通りかかった店で、五郎は京都などで特別な呼び名を持つ“ある魚”の「土鍋ご飯」を注文。そこから京都の夜を堪能するメニューを組み立てていく。さらに翌日、名古屋へ移動した五郎は、喫茶店のモーニングで名古屋名物「あんトースト」に舌鼓を打つ。その後、商談相手に名古屋の地元飯「台湾ラーメン」を勧められるが、心は「ひつまぶし」に傾いていた…。そして、舞台は名古屋から再び東京へ。五郎が2018年最後に“生で”食する逸品とは…!?