プロ野球史に名を残すレジェンドNo.1は誰だ!? 名場面とともによみがえる!

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ朝日系では、12月24日に「国民1万人がガチで投票! プロ野球総選挙~レジェンド選手編~」(午後7:00)を放送する。同番組は、今年1月に行われた現役・OBを合わせた「プロ野球総選挙」が大反響となり、「すでに引退している本当のレジェンド選手だけのランキングも見たい」という視聴者の声に応える形で実現したもの。プロの世界から“引退している”レジェンド選手のみで一番すごい選手を、国民1万人の投票で決定。ランキング上位30人をカウントダウン形式で発表する。

MCは、ともに野球ファンの爆笑問題(太田光、田中裕二)が務め、伊集院光、ピエール瀧、稲村亜美ら芸能界きってのプロ野球ファンが集結。さらに、山本昌、杉内俊哉、元木大介、吉田義男、福本豊、野村克也らも登場。ランクインした選手たちの懐かしいVTRを見ながら、今だから話せる秘話なども公開され、にぎやかに野球談義を繰り広げる。

番組では出演者全員が1位に選ばれた選手を予想。自らも1位が予想される野村は「長嶋茂雄」を予想。その理由を聞かれると「人気がすごい。優しいゴロを難しく見せるのがうまかった。僕らは(人気のない)パ・リーグだったから(人気を)ひがんでいたんだね」とボヤく。当時、オールスター戦では、パ・リーグのベンチは人気のセ・リーグに絶対勝つと意気込んでいて「実力だけは見せつけてやろうと思っていたからね。張本(勲)などは、みんなに気合を入れていた」と明かす。しかし、爆笑問題の2人に、「その張本さんがその後に巨人に移籍しちゃった」と突っ込まれ、「そうなんだよ。張本に“喝!”だな」とニヤリ、スタジオを大爆笑に包む場面も。

さらに、工藤公康監督(福岡ソフトバンク)、栗山英樹監督、木田優夫、中田翔(以上、北海道日本ハム)、秋山翔吾(埼玉西武)、則本昂大(東北楽天)、阪神の矢野燿大新監督、古田敦也など、現役・OBを問わずプロ野球選手たちがVTRで登場し、ランクインしたレジェンド選手がいかにすごいのかを熱く語るほか、飯尾和樹(ずん)、福田薫(U字工事)がピックアップした「球史に残る感動の引退試合」をVTRで紹介するコーナーや、「球史に残る名監督ランキング」トップ10を発表するコーナーなど見応え満載でおくる。

「王貞治」をランキング1位と予想した田中は「1月に放送した『プロ野球総選挙』と同じで長時間の収録があっという間に終わってしまう感じ。VTRを見て楽しくトークしているだけで仕事という感覚がないですね(笑)。クリスマスイブにテレ朝はなぜこの番組を持ってきたのか疑問ですが(笑)、クリスマスイブだろうが、お正月だろうが、野球ファンはこういう番組を見たいんです! そんな野球ファンはこの番組を見ていいイブを過ごしてほしいと思います。素晴らしいクリスマスですよ!」と収録に大満足で番組を絶賛。

また、太田は「長嶋茂雄」をNo.1に予想。「野球の名シーンは何度見ても気持ちいいと思いました。今回はレジェンドということで僕らが子どもの頃に憧れていた選手たちのプレーがよみがえってきました。だから僕も、もう1回野球を始めようかなと、今はそんな気持ちです(笑)」と懐かしさに浸ったようだ。