「ジュニアNISA」とは? 高校生が金融経済クイズに挑戦

©株式会社京都新聞社

早押しクイズに挑む高校生たち(京都市南区・京都銀行金融大学校)

 全国の高校生が金融経済クイズに挑戦する「エコノミクス甲子園」の京都大会が、京都市南区の京都銀行金融大学校でこのほど開かれた。府内9校から24チームが参加し、筆記問題や早押しクイズで金融の知識を競い合った。

 認定NPO法人金融知力普及協会(東京都)によるエコノミクス甲子園は今年で13回目。京都大会は、京都銀行の主催で3回目となった。

 クイズでは、未成年者を対象にした少額投資非課税制度「ジュニアNISA」や安倍政権の経済政策「アベノミクス」などに関する問題が出た。生徒たちは2人1組で、これまで学んできた知識を生かして解答していた。優勝チームは、来年2月に東京で開かれる全国大会に出場する。