ティッセンクルップ・タタ・スチールCEOにゴス氏

©株式会社鉄鋼新聞社

ティッセンクルップ・タタ・スチール・ゴスCEO

 来年にも統合・発足する欧州2位の鉄鋼メーカー、ティッセンクルップ・タタ・スチール(本社・オランダ)CEOにティッセン・クルップ・スチール・ヨーロッパ(TKSE)のアンドレアス・ゴスCEOが就くことが内定した。

 タタ・スチール・ヨーロッパのハンス・フィッシャーCEOは副CEO兼CTO(最高技術)となる。CFOにはタタ製鉄の副社長が、CSO(最高戦略責任者)にはTKSEのCFOが就く。

 ティッセンクルップ・タタ・スチールはドイツのティッセン・クルップとタタ製鉄が折半出資する合弁会社で、現在は欧州委員会の認可待ちとなっている。ドイツ、オランダ、英国に高炉一貫製鉄所を持ち、欧州でアルセロール・ミッタルに次ぐ年産2千万トン規模のメーカーとなる予定。