東京円、112円台前半

©一般社団法人共同通信社

 19日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=112円台前半で取引された。午後5時現在は前日比11銭円高ドル安の1ドル=112円40~41銭。ユーロは32銭円安ユーロ高の1ユーロ=128円10~14銭。

 東京株の下落で投資家が慎重になり、比較的安全な資産とされる円を買ってドルを売る動きがやや優勢となった。

 市場では「米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果公表に注目が集まっており、様子見ムードがあった」(外為ブローカー)との声が出ていた。