軽油混入の灯油を販売 京都のGS、ストーブ不具合の可能性

©株式会社京都新聞社

 京都府宇治市は19日、同市莵道のガソリンスタンド「コスモロマン三室戸サービスステーション」で18日に、軽油が混入した灯油が販売されたと発表した。市消防本部によると、火災の危険性は低いがストーブに不具合が出る恐れがあるという。

 市消防本部や同店によると、灯油のタンクに誤って軽油を入れ、同日午後2時から7時までに17件約539リットル分を販売した。同店は回収、交換を進める。問い合わせは同店0774(21)3202。