覆面議員3氏、大分で初タッグ 24日、全7試合楽しんで【大分県】

「プロレスリングFTO」設立15周年記念大会

©有限会社大分合同新聞社

プロレスの大会を開く大分市議のスカルリーパー・エイジ氏=19日、大分合同新聞社

 大分市を拠点に活動する「プロレスリングFTO」の設立15周年記念大会「レッスル☆クリスマス」が24日、大分市のJCOMホルトホール大分で開かれる。団体の代表を務める大分市議のスカルリーパー・エイジ氏(自由党県連会長)ら、話題を呼んだ現職と元職の覆面レスラー議員3氏が集結する。一堂に会して試合をするのは初めて。

 エイジ氏以外の覆面議員は元岩手県議のザ・グレート・サスケ氏と大阪府和泉市議のスペル・デルフィン氏(無所属)。サスケ氏はマスク姿で選挙戦を戦い、2003年の県議選で初当選。第1号の覆面議員となったが、07年県知事選に出馬して落選した。デルフィン氏は12年の市議選で初当選し、現在2期目。

 エイジ氏が13年に初当選して全国3人目の覆面議員となった。その後は地方議員選挙に挑戦するレスラーも出たが、落選。エイジ氏以降は誕生していない。

 大会では当選後に各地の議場で注目を集めた3人でタッグを組み、試合をする。記念大会の目玉を考えていたエイジ氏が2氏にオファーを出し、実現した。他にもFTOのおなじみのメンバーらが出場する。

 エイジ氏は「スペシャルゲストに来てもらい、FTOからクリスマスプレゼントの大会になった。他にも多くの選手が集うので、多くの人に楽しんでほしい」と呼び掛けている。

 午後6時に開始し、議員タッグマッチを含めて全7試合。チケットは一般5千円、中高生千円、小学生以下500円。全席自由。問い合わせはプロレスリングFTO(TEL097・536・6055)。