宇垣美里アナ「完全に不要」と大物OB女史に言われてしまう

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

宇垣美里 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

TBSの宇垣美里アナが心配だ。局が持て余し気味で、時節柄「戦力外通告」される可能性も出ているというのだ。

「客観的に見ても、本人の“ウヌボレ”や“自意識過剰”が、常に見られる珍しい女子アナです。何だか自分が女子アナ界のトップにでもいるように錯覚しているのか、非常に態度の悪さだけが目立つ。飛び抜けた人気アナというわけでもないのに、自分の存在ばかりアピールしたがる。アナウンス室内でも浮きまくっていて、みんなも相手にしていません」(TBS関係者)

現在は『ひるおび!』の火曜日のみに出演。あとは『サンデージャポン』(サンジャポ)にリポーター役で出ている程度だ。

「2014年に入社して、すでに5年目。サンジャポのリポーターは外部制作会社や新人局アナがやるような仕事。いまだ大きな番組を持てずリポーターをやっているぐらいですから、先は見えた感じ」(同・関係者)

とはいえ最近、一部のデータサイトが発表した『人気女子アナランク』で、宇垣アナは堂々のベストテン入り、9位にランクインした。やはり人気はありそうだ。

「実はあのランキング、ネット上で嘲笑の的になっているのです。2位がテレビ朝日の弘中綾香アナ、5位が日本テレビの徳島えりかアナ。こんな感じで、唐突に名前が出てきたアナウンサーが何人かいます。この手のランキングで常に上位に入る日テレの水卜麻美アナ、今の局アナで一番人気といわれるテレビ東京の鷲見玲奈アナがランクインしていないので、そう言われてしまうのでしょう」(女子アナライター)

 

宇垣さんは、完全に不要

もしかすると、宇垣アナも“お遊び”で持ち上げられただけなのかもしれないというのだ。だからこそ、現実は厳しい。宇垣アナは年明けにBS放送に転出し、地上波から消えるという。

「ジャニーズタレントと付き合うなどのルール違反や勤務怠惰で、今年3月、担当番組だった『あさチャン!』を、番組プロデューサー直々にクビを言い渡された。その際『なんでよッ!』と怒り、持っていたコーヒーを壁に投げ付けた“コーヒーぶちまけ事件”を、各週刊誌に書かれた。局としてはプロデューサーが直接通告したこと、そのときの態度を加味して“窓際”を判断したようです」(同・ライター)

さらにTBSの大物OBアナで、今も局に隠然たる力を持つA女史は『宇垣さんは、完全に不要』と言ったらしいのだ。

「A女史に言われたら、TBSでの局アナ生命は終わり。困った宇垣アナは、OBの田中みな実に相談しにいったところ、『どこかの事務所を訪ねてみれば』と他人ごとだったそうです。もうBSに行くか、どこか事務所を探すか、とにもかくにも前途は厳しいですね」(同)

宇垣アナが頑張らないと“人気9位”がますます怪しくなってしまう。