欅坂46、けやき坂46が2019年“猪突猛進”したいことは!? ひらがなけやきはシングルデビューにも意欲!

©株式会社東京ニュース通信社

本日発売となった「B.L.T.2月号 欅坂46版」の表紙に長濱ねる、渡辺梨加、渡邉理佐の3人が、「B.L.T.2月号増刊 けやき坂46版」の表紙には柿崎芽実、小坂菜緒、渡邉美穂の3人が、艶やかな晴れ着姿で登場。それぞれ、グループにとっての変化や自身の成長など2018年を振り返るほか、2019年の目標や“猪突猛進”したい個人的抱負を発表する。

欅坂46は、2期生となる新メンバーの加入という大きな変化もあったなかで、自分たちの変わらない部分をトーク。「歌番組の本番直前、メークも髪形もバッチリ仕上げてもらったのに、20分くらい本気で踊って、振り固め(振り付けの確認)をするところ」を挙げた長濱は、「器用に本番を迎えられないところが愛おしいんです」とグループ愛を告白。渡辺梨加も「『もうそろそろやめなさい』って言われるまで、欅にいようかな(笑)」と微笑んだ。

一方、けやき坂46は、柿崎&小坂&渡邉の3人が、アルバムデビューや東名阪ツアーなどパワーアップした経験をふまえ、「いつかシングルデビューして、歌番組やイベントに呼んでもらえるグループになりたい!」と宣言。「ハッピーを届けられるように頑張ろう!」とさらなる活躍を誓い合った。

「欅坂46版」と「けやき坂46版」の両方に掲載される共通ページには、広瀬すず、土屋太鳳、武田玲奈、乃木坂46から卒業する西野七瀬らが登場。広瀬は「第69回NHK紅白歌合戦」、土屋は「第60回 輝く!日本レコード大賞」について、ともに国民的歌番組で司会という大役を務めることへの意気込みを語る。また、西野の蔵出しアンコールグラビアは、2014年から約5年の間に撮り下ろした写真の中から、保存版ショットを10ページにわたって公開する。