指紋拭き取る姿も 元運転手、凶器か酒瓶押収 <佐倉経営者強盗殺人>

©株式会社千葉日報社

送検される高野容疑者=19日午前11時ごろ、佐倉署

 千葉県佐倉市ユーカリが丘4の高層マンション一室で住人の日本語学校経営、岩井二郎さん(75)が殺害された事件で、強盗殺人容疑で逮捕された岩井さんの元運転手、高野和彦容疑者(54)が、マンションのエレベーター内のボタンを拭き取る姿が防犯カメラに写っていたことが19日、捜査関係者への取材で分かった。千葉県警は指紋などの証拠隠滅を図ったとみて裏付けを進める。

 映像には建物に入った容疑者が、岩井さん宅がある最上階の29階でエレベーターを降りる姿も写っていた。その後、再びエレベーターに乗り、1階などとの間を行き来して、ボタンを拭き取っていたという。

 捜査関係者によると、県警は防犯カメラの映像などから、容疑者が事件当時に履いていたサンダルの種類を特定。岩井さん宅に残っていた土足の跡と酷似していた。

 また、県警がマンション駐車場付近で酒瓶を押収していたことも分かった。岩井さんの体には複数回殴られたような痕があり、酒瓶が凶器の可能性がある。

 容疑者が岩井さんの運転手だった当時、親族の法事中に岩井さんから「いつ出勤できるか」とメール連絡を受け、不満を漏らしていたことも元同僚らへの取材で判明。周囲に「休みの日も呼び出されて大変」「わがままなんだよな」などとも話していたという。

 今年3月に退職した際にも仕事上のトラブルがあり、県警は事件との関連を慎重に調べている。

 佐倉署捜査本部は19日、容疑者を送検した。午前11時ごろ、同署から姿を見せた容疑者は、詰め掛けた報道陣に気付くと頭からフードをかぶり、うつむきながら警察車両に乗り込んだ。

 逮捕・送検容疑は11月23日午前10時ごろから25日午後1時半ごろの間、29階建てマンション最上階の岩井さん宅で、頭を殴るなどして岩井さんを殺害し、現金約20万円を奪った疑い。容疑を否認している。