警察庁、自動運転の道交法初規定

20年、高速でシステム代行

©一般社団法人共同通信社

自動運転のレベル

 警察庁は20日、自動運転に関する規定を初めて道交法に盛り込んだ改正試案を公表した。現在実用化されている技術レベルを上回り、一定の条件下でドライバーに代わってシステムが運転を担う「レベル3」の走行を可能とする。パブリックコメント(意見公募)を踏まえて来年の通常国会に提出し、2020年前半の施行を目指す。

 自動運転の運用開始当初は、渋滞中の高速道路などでの実用化が想定され、ドライバーはシステムに運転を任せ、車内でDVDを楽しんだり、スマートフォンで行き先の天気を調べたりできるようになる。