冬の釣りに知っておきたい!水温との関係&赤外線水温計

魚の活性を大きく左右する「水温」。魚にとって水温1℃の変化は、人間にとって気温が4~5℃変わることに匹敵するとも言われています。特に冬の釣りでは重視したい要素です。今回は魚と水温の関係性と、水温を知ることのメリット、おすすめの水温計をご紹介します。

©株式会社スペースキー

水温と魚

提供:釣具のポイント

魚の状態を把握するのに役立つ「水温」。しかし、釣り場に立つとすぐにルアーや仕掛けを投げたくなり、実際に水温を気にしている人は非常に少ないものです。

そこってホントに温排水?

冬のバスフィッシングにおける1級ポイントの「温排水」。工場などから流されている水は温かいことが多く、冷たい水を嫌う魚が集まってきやすいです。

しかし、「あのポイントは温排水が流れ込んでいる」と話で聞いたのと、実際に足を運んで測ってみるとでは大違いであることも。

温排水であるかどうかは水温計でしっかりと測ってチェックしたいものです。

【真冬のパラダイス】温排水で魚種無制限フィッシングを楽しもう!
気温と水温が下がり、釣果も寂しくなってしまう冬の釣り。しかし、冬でも魚種無制限で釣れるスポットがあるのはご存知でしょうか?そんなオアシ...

その場所は狙う魚の適水温?

魚にはそれぞれ行動が活発になる「適水温」があります。適水温より水温が高すぎても低すぎても魚は低活性となりがちです。

魚にとって水温1℃の変化は、人間にとって4~5℃気温が変わることと同じ感覚であるとも言われています。

水温を測ることで、ある程度釣れる・釣れないの指標とすることが出来ます。

他と違う状況であればチャンス大

夏場であれば他よりも水温が低い場所、冬はその逆で他よりも水温が高い場所に魚は集まりやすい傾向があります。

特に狭い範囲だけ水温が違っていれば、湧き水が出ている超1級ポイントである可能性も。

水温は目で把握できない要素なので、他とそこだけ違う状況であれば釣れるチャンスは大きくなります。

記録すれば数値として残る

水温は、唯一手軽に、かつ正確に数字として記録できる要素。釣れた状況はどうだったかを考察するためにも重要です。

また釣れなかったときも水温を測っておくと、次に同じような水温の状況で場所を移動したり、釣り方を変えたりして釣果アップに繋げることが出来ます。

水温を始め、潮周りや釣れた時間、釣れたルアーなどの情報をノートに記録して残しておけばベストです。

携帯に便利なおすすめ水温計

水温計には非接触式のデジタル水温計と、水につけて使うアナログ式の水温計があります。シチュエーションによって2つの水温計を使い分けることができれば、釣果アップ間違いなしです。

ダイワ 水温チェッカーWP

ダイワ 水温チェッカーWPは、非接触式のデジタル水温計です。水面に測定部分を近づけて、測定ボタンを押すだけで表層水温を測ることが出来ます。

雨などで濡れても大丈夫な防水仕様で、付属品でストラップが付いています。

エーアンドデイ 防水型放射温度計

エーアンドデイ 防水型放射温度計は、IP67防水仕様で水洗いすることも可能な非接触式のデジタル水温計。オートパワーオフ機能がついていて、無駄な電池の消耗を防ぐことが出来ます。

非接触式のデジタル水温計としてはリーズナブルな価格が魅力です。

グローブライド フィッシングサーモ

グローブライド フィッシングサーモは、水につけて使うアナログ式の水温計。表層水温だけでなく、沈めて深い場所の水温を測ることも出来るので、特に冬や夏のシビアな状況で活躍してくれます。

素早く表面の水温を測れる非接触式のデジタル水温計と併せて使えば、さらなる釣果アップが図れます。

メガバス サーモビジョン

数多くの有名ルアーを手掛けるメガバスがプロデュースしているサーモビジョン。防水仕様の非接触式のデジタル水温計なので、雨天での使用も、もちろんOK。

本体とキャップ部分に「Megabass」のロゴマークをさりげなく配置。バスやシーバスのルアーフィッシングを楽しむ人の所有感。

タカミヤ デジタルサーモメーター

測定ボタン一つで、簡単に操作ができるデジタル水温計。軽量でかさばらない大きさと、シンプルな操作感が使いやすいアイテムです。

「HOLD」状態にしておくと、15秒ほどで自動的に電源が切れる省エネ設計。タカミヤならではの魅力的な価格も見逃せません。

水温をチェックして釣果アップにつなげよう!

釣り場についたらすぐにルアーや仕掛けを投げたくなるものですが、最初にちょっとだけ水温を測ってみると、釣果アップにつながってくれるはずです。

水温計を使いこなすことができれば、釣果はおのずとついてきてくれることでしょう。ぜひ本記事を参考に、次の釣行から水温を測ってみてはいかがでしょうか。