韓国、元徴用工ら自国政府を提訴

1100人、集団訴訟

©一般社団法人共同通信社

 【ソウル共同】日本の植民地時代に動員された元徴用工らを支援する「アジア太平洋戦争犠牲者韓国遺族会」は20日、約1100人の原告が韓国政府を相手取り、補償を求める訴訟を起こしたと明らかにした。

 この団体は、被害者への補償責任は韓国政府にあると主張し、昨年以降、3度にわたり、計約280人の元徴用工や遺族らが韓国政府を訴えた集団訴訟を主導し、今回が4回目。

 また同団体は日本企業を相手にした集団訴訟の原告も募り、2015年に約70社を相手にした原告数百人規模の訴訟も起こしているが、立証は全く進んでおらず、判決が出る見通しはない。