日航の客室乗務員からアルコール検知

©一般社団法人共同通信社

 日航は20日、今月17日の成田発ホノルル便に乗務中の客室乗務員から呼気1リットル当たり0.15ミリグラムのアルコールを検知したと発表した。乗務前の検査で問題はなく、機内でほかの乗務員が臭いを指摘した。