五輪のメダル副賞は花束で調整

被災地はじめ各地から要望

©一般社団法人共同通信社

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は20日、メダリストへの副賞として花束を贈呈することで調整を進めていると明らかにした。各地から花の活用の要望があるとした上で、武藤敏郎事務総長は「特に(東日本大震災の)被災地からも強い要望がある。まだ結論は出していないが、その要望も十分に踏まえて検討していきたい」と述べた。

 組織委によると、一時は花束を使えない可能性もあったが、国際オリンピック委員会(IOC)の方針が明確になり、使用できるようになったという。