2018冬のボーナスキャンペーン、高金利定期はある?

©株式会社オールアバウト

2018年冬のボーナスは、過去10年で最も支給額が多い予想となっています。株式市場も乱高下が続くことから、冬のボーナスキャンペーンを利用して堅実にした方が賢明かもしれません

2018年冬のボーナスの預け先は、流動性を考慮して定期預金の利用を

一般社団法人労務行政研究所が、東京証券取引所市場第1部(東証1部)上場企業のうち203社から回答を得た結果によれば、2018年冬のボーナス妥結額は、全産業平均で75万8339円です。過去10年間で最高額となるようですが、来年以降の景気動向を見据えると、財布の紐を緩めすぎるのは禁物のようです。

株式市場も乱高下していることから、ひとまず様子見(休むも相場)が賢明と思われます。そこで今冬のボーナスは、当面静観するために、キャンペーン(特別金利)を利用して定期預金に入れておくのも1つの手です。「個人向け国債」を購入するという考え方もありますが、状況次第ですぐ動かせる流動性を考慮すれば、定期預金に軍配が上がるでしょう。

折しも、各銀行から冬のボーナスキャンペーン(特別金利)がほぼ出揃ったことから、その内容をご紹介することにしましょう。結論から言えば、今冬のキャンペーンも2018年夏のボーナスと同じく不発、言い換えれば、魅力的な金利を提示している銀行は少ないようです。

キャンペーンを行う銀行の顔ぶれに変化

ソニー銀行は「円定期特別金利」として、2019年2月28日までキャンペーンを行っています。対象となるのは6カ月、1年、2年の円定期預金、1年、2年の積み立て定期預金で、金利はすべて年0.15%となっています。

楽天銀行は「円定期預金 冬のボーナスキャンペーン」として、1年物を年0.13%(2019年1月15日まで)で扱っています。

ジャパンネット銀行では「冬の特別企画」として、2018年12月28日までに新規口座を開設して、3カ月物定期預金の合計預入金額に対して、最大金利年1%分相当の現金がプレゼントされます。2019年1月末時点で定期預金の残高を保有している方には、残高が10万円以上30万円未満:250円、30万円以上100万円未満:750円、100万円以上:2500円の現金が、通常の金利とは別にプレゼントされます。

じぶん銀行では「冬の特別金利キャンペーン」として、2019年1月31日まで1年物円定期預金の金利を年0.20%にしています。

あおぞら銀行インターネット支店では「冬金利↑キャンペーン」として、2019年1月31日まで1年物の円定期預金の金利を年0.25%としています。

商工中金では「ウインターキャンペーン」として、インターネットバンキングを利用して1口50万円以上の預け入れで、1年物、2年物、3年物の金利が年0.27%になります。取扱いは2019年2月12日までとなっています。

なお、住信SBIネット銀行、オリックス銀行、セブン銀行は、この記事を書いている時点ではボーナスキャンペーンを行っていません。

キャンペーン以外の金利も確認

残念ながら、2018年冬のボーナスキャンペーン(特別金利)も同年夏と同じく、低金利に甘んじています。甘んじているというより、通年で好金利を提供している銀行より低い状況です。簡単に代表的な地方銀行のインターネット支店の金利も見ておきましょう。

香川銀行のセルフうどん支店「超金利トッピング定期預金」、愛媛銀行の四国八十八カ所支店「だんだん定期預金」、共に預入期間は1年、預入金額は1口=100万円の金利が年0.27%です。

トマト銀行のももたろう支店「スペシャルきびだんご定期預金」が年0.25%、高知銀行のよさこい おきゃく支店「よさこいおきゃく定期」が年0.20%、共に預入期間は1年、預入金額は1口=100万円です。

以上の4銀行の好金利預金は、1人100万円までと制限されていますが、好金利以外の預金でもインターネット専用定期預金であれば、常時キャンペーン並みの金利を得ることができます。

また、オリックス銀行では、随時募集で「eダイレクト金銭信託」を募集しています。現在は、2019年1月22日までの募集で「ソフトバンクグループ株式会社第24号」、預入期間1年、予定配当率年0.48%が募集されています。

(文:深野 康彦(マネーガイド))