川重が機関車製造5千両達成 兵庫工場で記念式典

©株式会社神戸新聞社

累計製造5千両目の機関車を背に並ぶ川崎重工業兵庫工場の従業員ら=神戸市兵庫区

 川崎重工業(神戸市中央区)の機関車製造が累計5千両を達成し、兵庫工場(同市兵庫区)で20日、記念式典が開かれた。

 同工場は1906(明治39)年に開設。客車をはじめ計9万両以上の鉄道車両を製造してきた。機関車では、11(同44)年に鉄道院向けに納入した蒸気機関車が第1号。以降、日本初の電気式ディーゼル機関車や、パナマ運河を通過する船を引く車両など、多様な機関車を手掛けてきた。

 5千両目は、JR東海道線や山陽線で貨物車をけん引するEF210形式電気機関車。三菱電機との共同製作で、すでに100両以上の納入実績があるという。

 式典には同工場の従業員ら約150人が出席。本川一平・車両カンパニープレジデントらがあいさつし、テープカットなどで節目を祝った。5千両目は1月中旬の納入を予定している。(横田良平)