自治医科大病院、左右取り違えて卵巣摘出

©一般社団法人共同通信社

 自治医科大病院は21日、今年上半期に患者の卵巣の腫瘍を取り除く手術で左右を誤り、腫瘍がない方を摘出していたと明らかにした。手術中に誤りに気付いて元に戻し、健康への影響はなかったとしている。