JFEスチール知多が特別協賛、「小学生サッカー大会」開催

強豪48チーム、練習成果競う

©株式会社鉄鋼新聞社

 JFEスチール知多製造所(所長・三宅亮一常務執行役員)が特別協賛(主催・クリスマスカップ実行委員会、後援・半田市、武豊町、半田市教育委員会、武豊町教育委員会、半田市サッカー協会、武豊町サッカー協会、中日新聞社、CAC)する「第15回JFEジュニアサッカークリスマスカップ」が15、16の両日、JFEスチール知多製造所・塩田グラウンド、半田運動公園陸上競技場など全8会場で行われ、小学生サッカーチーム・48チームが日ごろの練習の成果を競った。

 同イベントは、同製造所のCSR活動の一環として、地域の青少年の教育や健全育成に資する活動として04年に第1回大会を開催。地元サッカークラブのほか岡山県、長野県など遠隔地からも強豪チームが参加している。

 両日ともに天気に恵まれ、小学生のはつらつとしたプレーが繰り広げられた。決勝戦はオオタフットボールクラブ(岡山県)とNagoya.S.S(名古屋市)が対戦。PK戦の末、オオタフットボールクラブが4回目の優勝を果たした。

 表彰式では、知多製造所の近藤達哉総務部長が記念品のプレゼンターを務め、子どもたちに激励とねぎらいの言葉をかけた。