包丁で元交際相手刺す 元自衛官に懲役9年 千葉地裁「未練断ち切れず身勝手な犯行」

©株式会社千葉日報社

 元交際相手の少女=当時(19)=に包丁(刃渡り約18センチ)を突き刺し殺害しようとしたとして、殺人未遂などの罪に問われた元陸上自衛官の吉村将也被告(24)=懲戒免職、北海道帯広市=に千葉地裁(川田宏一裁判長)は20日、「被害者への未練を断ち切れず、一方的に憎しみを募らせた身勝手な犯行」として、懲役9年(求刑懲役12年)の判決を言い渡した。

 川田裁判長は判決理由で「被害者は後遺症が残り、外傷後ストレス障害(PTSD)を発症するなど精神的な苦痛も大きい」と指摘。弁護側が主張した適応障害の影響については「可能性は否定できないが、被告の一本気な性格に基づいて意思決定されている」と述べた。

 判決によると、1月7日夜、東金市に住む専門学校生だった元交際相手の少女の自宅に裏口から侵入。少女の部屋で待ち伏せ、背中や腹を包丁で複数回突き刺して殺害しようとした。

 被告は自首し、被害弁償の一部として400万円を支払っている。