ボルボ、2018年の国内新車受注 2万台達成! 22年ぶりの快挙

©オートックワン株式会社

(手前左)ボルボ XC40 T4 モメンタム(FF)/(右)ボルボ XC60 D4 AWD インスクリプション(4WD)/(奥)ボルボ XC90 T6 AWD インスクリプション(4WD)

ボルボ、22年ぶりに国内販売台数2万台を達成

ボルボ・カー・ジャパンの2018年の国内新車受注台数が2万台を超えた。新車受注台数が年間2万台を超えるのは、1996年以来22年振りになる。

同社は2018年の受注台数増加の要因として、V40シリーズをはじめとする既存モデルの安定した売れ行きに加えて「2017-2018 日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したXC60(受注台数:3,241台)、3月に発売し「2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したXC40(受注台数:4,259台)、さらに9月発売の新型V60(受注台数:1,371台)が加わったこと、さらに、2016年に発売したXC90以降、デザインやプラットフォームを一新した新世代モデルの好調な売れ行きを挙げている。

第39回 2018 – 2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー 10ベストカーにノミネートしたボルボ XC40
ボルボ XC60 D4 AWD インスクリプション(4WD)
ボルボ V60 T5 Inscription ボディカラー:デニムブルーメタリック