スノボW杯、16歳平野流が2位

ハーフパイプ

©一般社団法人共同通信社

スノーボードW杯ハーフパイプ男子で2位に入った平野流佳=21日、中国・張家口(AP=共同)

 スノーボードのワールドカップ(W杯)は21日、中国の張家口・密苑でハーフパイプ(HP)決勝が行われ、男子は16歳で今季からW杯初参戦の平野流佳(ムラサキスポーツ)が92.50点で日本勢最高の2位に入った。

 平昌五輪代表の戸塚優斗(ヨネックス)は92.25点の3位、穴井一光(玉越ク)は4位だった。片山来夢(バートン)は棄権した。

 女子は平昌五輪代表の今井胡桃(プリオコーポレーション)が82.25点で3位となった。大江光(バートン)は4位、同五輪6位の松本遥奈(クルーズ)は5位だった。