陛下、誕生日を機に運転引退へ

無事故無違反免許更新せず

©一般社団法人共同通信社

皇后さまを助手席に乗せ愛車を運転される天皇陛下=2013年9月、皇居・東御苑(宮内庁提供)

 宮内庁は21日、天皇陛下が、来年1月有効期限の運転免許証を更新せず、今月23日に85歳の誕生日を迎えるのを機に車の運転をやめられると明らかにした。陛下は最近も休日に皇后さまを愛車の助手席に乗せ、皇居内のドライブを楽しんでいる。2016年1月に免許を更新する際、次回は更新しない意向を示していた。

 宮内庁によると、陛下は1954年に免許を取得し、これまで64年間、無事故無違反を通してきた。初めての車はプリンス自動車工業(現・日産)のプリンスで、現在はホンダのインテグラを運転している。

 最近は更新の度に高齢者講習を受講、適性検査や認知機能検査も受けていた。