古紙にまじり2800万円、高松

分別作業中に発見

©一般社団法人共同通信社

 高松北署は21日、高松市の古紙回収業者の作業場から現金2841万円が見つかったと明らかにした。所有者を示すものはなく、遺失物として保管している。

 同署によると、21日午後1時10分ごろ、古紙の分別作業をしている際に作業員が見つけた。全て1万円札だった。この作業場には県内から新聞紙などの古紙が集められており、まじった経緯や持ち主を調べている。

 同署は、紙幣がどのような状態で見つかったのか明らかにしていない。