架空請求1億円被害、山形

60代女性に「訴訟解決」

©一般社団法人共同通信社

 山形県警は22日、山形市内に住む60代の女性が通信料金の未払いによる訴訟を解決するとの架空の話を持ち掛けられ、弁護士を名乗る男らから供託金などの名目で現金約1億円をだまし取られる被害に遭ったと発表した。詐欺容疑で捜査している。

 県警によると、女性は11月中旬に「訴訟最終告知のお知らせ」とのはがきを受け取った。問い合わせ窓口で紹介された連絡先に電話すると、男らから送金を指示された。女性は今月18日まで計13回にわたり、宅配便や現金自動預払機(ATM)で送金したという。