学びの道のり示して 沖縄キャリア教育EXPO2018 文科省の長田さん講演

©株式会社琉球新報社

 AI(人工知能)技術の進展やグローバル化など急速に変化する社会における人材育成について考える「沖縄キャリア教育EXPO2018」(同実行委員会主催、琉球新報社共催)が23日、沖縄県那覇市の琉球新報ホールを主会場に開催され、約120人が来場した。文部科学省で教科調査官などを務める長田徹さんが基調講演した。

 長田さんは、新学習指導要領の下での新たなキャリア教育の狙いを「学びと今を振り返り、将来をつなぐ轍(わだち)を作る」と説明した。

 これまでのキャリア教育が「進路指導」の延長線上で捉えられ、入試や入社試験というハードルを超えるためのものになってしまったと指摘。今後のキャリア教育について「『キャリア』と聞くと、子どもたちに今より先のことを見せようとしがちだ。まず今まで歩んできた道のり、轍を見せることによって、根拠を持った先を見通す力を身に付けることができる」と強調した。

 作文など個人の記録を「キャリアパスポート」として活用するアイデアを紹介したほか、教科や学年、校種を超えて学びをつなぐ重要性も語った。