沖縄県民投票、宜野湾市も不参加

普天間飛行場の地元

©一般社団法人共同通信社

沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場

 沖縄県宜野湾市の松川正則市長は25日、市役所で記者会見し、同市中心部にある米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設の賛否を問う来年2月の県民投票に、参加しない意向を表明した。県内41市町村の首長で不参加を表明したのは宮古島市の下地敏彦市長に次いで2人目。

 不参加の理由について松川市長は「県民投票の結果によっては、普天間飛行場の固定化につながる懸念が極めて強い」と指摘した。投票に関する予算を市議会が否決したことに触れ「議会との信頼関係は不可欠で、意に反しての実施は致しかねる」とも語った。

 玉城デニー知事は参加しない自治体が出たとしても、県民投票を実施する考えだ。

沖縄県民投票への不参加を表明する宜野湾市の松川正則市長=25日午後、宜野湾市役所