会長続投問題で揺れる自民県連 国会議員と県議がそれぞれ会合

©株式会社上毛新聞社

 知事選へのくら替えを表明した山本一太参院議員の自民党群馬県連会長続投に対して県連幹部の県議が反発している問題で、県連所属の国会議員と県議が25日、それぞれ会合を開いた。いずれも意見が分かれ、問題が決着するまでには時間がかかりそうだ。

 東京都内で開かれた国会議員の会議は、山本氏を含む10人全員が参加した。出席者によると、「辞めるべきだ」との意見が多い一方、「今すぐ辞める必要はない」といった声もあり、参院選群馬選挙区の後任候補選考問題を含めて年内に再び会議を開くことにした。

 一方、県議の会合は県連副会長ら幹部が前橋市内で協議した。その後の会見で狩野浩志幹事長は記者団に「辞職をお願いすることに異論はなく、満場一致だった」と説明。ただ、ある出席議員が上毛新聞の取材に「今日の会議では私は賛成していない」と不快感を示し、足並みの乱れをうかがわせた。