1~3月の沖縄は暖冬傾向の予想 気象台予報

©株式会社琉球新報社

 沖縄気象台は25日、2019年1~3月の天候見通しを発表した。寒気の流れ込みが弱く、期間中の平均気温は平年より「高い」と予想。一方、降水量は「平年並みか多い」とした。

 気象台によると、沖縄地方の12月上旬(1~10日)の平均気温は平年を2.7度上回り、1961年の統計開始以来、最も高かった。23日時点でも平年を1.9度上回っており、過去最高に並んでいる。