道路にロープ、バイク転倒

男性軽傷、相模原

©一般社団法人共同通信社

 26日午前3時35分ごろ、相模原市南区相模台の市道で、オートバイで通勤中のアルバイトの男性(45)=相模原市=が、道路に張られたロープに引っ掛かり転倒した。男性は腰を打つなどの軽傷を負った。

 相模原南署によると、電柱とロープでつながっていた道路脇の看板を移動させて道路をふさぎ、徒歩で立ち去る男の姿が付近の防犯カメラに写っていた。署は殺人未遂事件として男の行方を追っている。

 現場は小田急相模原駅の西約500メートルの住宅街で、幅約4.6メートルのセンターラインのない道路。男は茶色のジャンパーに白いズボン姿でスニーカーを履き、カーキ色の帽子をかぶっていた。