『ブラック企業大賞2018』今年の大賞は三菱電機に決定!

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

今年で第7回となる『ブラック企業大賞』が、12月23日に発表された。

「大賞」は三菱電機、「特別賞」は日立製作所と日立プラントサービス、一般投票で決まる「市民投票賞」は財務省、「有給ちゃんと取らせろ賞」は自動販売機運営会社のジャパンビバレッジ東京が受賞した。

三菱電機の大賞受賞は、長時間労働を原因として社員5人が精神障害や脳疾患を発症し、2014年から17年にかけて相次いで労災認定され、うち2人は過労自死していることが決め手になったようだ。実行委員の佐々木亮弁護士は「この短期間で労災認定5人は異常。他にも認定されるような社員がいるのではないか」と指摘する。

日立製作所・日立プラントサービスの特別賞は、20代の労働者が長時間労働とパワハラにより精神疾患を発して労災認定されたことが受賞理由。数百人のフィリピン人技能実習生を不正に働かせていたとして、法務省から調査も受けている。佐々木弁護士は「日立は経団連会長を輩出している会社。出入国管理法改正により、来年度から多くの会社で外国人労働者が使い捨てにされる懸念がある」と語った。

市民投票賞はWeb投票と授賞式会場での投票の合計で決まるが、財務省が869票で最多だった。4月、事務次官がテレビ朝日の女性記者に対して、取材中に性的な言動を繰り返していたことが大きく報道された。委員の1人は財務省の内部情報をこう話す。

「大きな騒ぎになっても職員の意識は何も変わらない。『勤務外にわざわざ会ってやっているのに…』という認識。なお、森友問題には、近畿財務局で自死する犠牲者が出た。証拠はないが、パワハラや官邸の圧力があったともいわれる」

 

現役従業員の告白タイムもあり

ジャパンビバレッジ東京は、違法な長時間残業があったとして労働基準監督署から是正勧告を受けた。また、ある支店の支店長が従業員に「有給チャンスクイズ」というメールを出し、正解しないと有給休暇取得を認めないというパワハラを行っていたことも発覚。授賞式会場には現役従業員が匿名で登壇し、同社のとんでもない内情を次のように告白した。

「問題のメールを送った支店長は部下に対して日常的に暴力を振るっていた。別の管理職もミスをした社員に腕立て伏せをさせるなどの罰を与えていた。1日12~15時間勤務は当たり前で、休憩も取れない。月100時間残業しても仕事が終わらないし、有給も申請できない。結婚・出産といったライフイベントのときも例外ではない。家から『子どもが生まれそうだ』という電話がかかってきて、それを上司に伝えると『この仕事を終わらせてから帰れ』と言われ、さらに『子どもが生まれたくらいで休むな』とも言われた」

同社では労働組合が発足したが、組合ができる前はエレベーターの待ち時間くらいしか休憩時間がないといわれていたという。また、会社は支店長による暴力があったことを認めてはいるものの、謝罪はしていないそうだ。