成田旅客初の2000万人超 ゲームショウeスポ盛況 【千葉県内経済ダイジェスト2018】(下)

©株式会社千葉日報社

航空旅客数が上期で初めて2千万人を超え、多くの観光客らでにぎわう成田空港=8月

 7月

◆西日本豪雨、県内企業も被災地支援

 西日本豪雨により、系列店舗で浸水などの被害が出たイオン(千葉市)も被災地域の自治体からの要請を受け、グループ各社を通じて飲食料や毛布などの支援物資を供給した。

◆成田空港旅客数、初の2000万人超え

 成田国際空港会社(NAA)が公表した2018年上期(1~6月)の空港運用状況によると、国際線の新規就航や増便などで航空機発着回数が上期として3年連続で最高値を更新。航空旅客数は上期で初めて2000万人を超えた。

 8月

◆新卒採用、県内企業苦戦

 千葉経済センターが県内企業を対象に実施したアンケートで、今春入社した新卒者の採用実績が計画に届かなかった企業が約3割を占めた。少子高齢化を背景に、規模や業種を問わず、人手不足が広がっている状況が浮き彫りになった。

◆行川アイランド跡地にホテル2棟建設計画

 勝浦市内の大型観光施設「行川アイランド」跡地の開発を手掛ける共立メンテナンス(東京)が、県環境審議会・部会で、ホテル2棟(計228室)を建設する計画を示した。

 9月

◆一宮に五輪特需

 2020年東京五輪・パラのサーフィン会場になる一宮町の基準地価の上昇率が商業地で5.9%、全用途平均で3.0%と、いずれも県内トップ3に急浮上。開催地として注目度が高まっていることを裏付けた。

◆東京ゲームショウで「eスポーツ」盛況

幕張メッセで開かれた東京ゲームショウでは「eスポーツ」が注目を集めた=9月

 世界最大級のゲーム展示会「東京ゲームショウ2018」が千葉市の幕張メッセで開催され、ゲームの腕前を競う「eスポーツ」が注目を集めた。

◆千葉商議所、石井会頭死去

 長年にわたって本県経済の発展に尽力した千葉商工会議所会頭の石井俊昭氏が死去した。75歳。

 10月

◆TDR入園者が過去最高

 運営会社のオリエンタルランドによると、東京ディズニーランドとシーの2パークの18年度上半期(4~9月)の合計入園者数が前年同期比5.0%増の1551万8千人で過去最高だった。

◆消費税来年10月に10%

 安倍首相が来年10月に消費税率を8%から10%へ引き上げることを表明。県内経済界からは円滑な価格転嫁をはじめ中小企業の支援策を求める声が上がった。

 11月

◆千葉商議所、新会頭に佐久間氏

 石井会頭が死去したことに伴い、千葉商工会議所は新会頭に千葉銀行頭取の佐久間英利氏を選任した。

 12月

◆外国人就労拡大、4月施行

 外国人労働者受け入れを拡大する改正入管難民法などが成立。県内経済界からは、深刻な人手不足に歓迎する一方、受け入れ環境の整備を求める声などが上がった。