大分豊府中の入試、倍率は2・7倍【大分県】

©有限会社大分合同新聞社

 県教委は26日、県立大分豊府中学校(大分市)の2019年度入学者選抜の志願者数を発表した。定員120人に対して321人が志願。倍率は約2・7倍。県教委によると、倍率は例年並みだ。

 志願者数は18年度と比べて28人増え、3年ぶりに前年度を上回った。2019年1月12日に適性検査と集団面接を実施。同18日に入学予定者を同校で発表する。