【卓球・Tリーグ】T.T彩たま、接戦制す勝負強さで2位浮上<12/26岡山vsTT彩たま>

©株式会社ピンポン

写真:平野友樹(T.T彩たま) ©T.LEAGUE

<Tプレミアリーグ2018/19シーズン 12月26日(水)岡山武道館>

12月26日、ノジマTリーグの試合が岡山市岡山武道館で開催された。対戦カードは、勝点で並んでいる岡山リベッツ(以下、岡山)とT.T彩たま(以下、TT彩たま)であったが、シングルス3つを取得したTT彩たまが勝利をあげ、2位に浮上した。

岡山 vs T.T彩たま 各マッチ解説

1番:上田仁/森薗政崇 2-0 高木和卓/黄鎮廷

岡山、TT彩たまともにエースダブルスとして定着しつつあるペアを起用した。岡山が上田仁/ 森薗政崇ペア、彩たまが高木和卓/ 黄鎮廷ペアという組み合わせだ。試合は一方的な展開となり、岡山ペアが幸先よく1マッチを制した。

2番:吉村和弘 2-3 チョンヨンシク

いい流れでバトンを受け取った岡山の2番シングルスは吉村和弘。先日の世界選手権の1次選考会でも優勝するなど勢いがある。対するTT彩たまは、韓国からの助っ人・チョンヨンシクを起用。強力なバックハンドを持つ両者の戦いは、フルゲームまでもつれ込んだが、最後はチョンヨンシクの安定感が勝った。

3番:吉田雅己 2-3 平野友樹

マッチカウント1-1で迎えた3番は、吉田雅己(岡山)と平野友樹(TT彩たま)
という実力者同士のカードに。23日の試合で水谷隼木下マイスター東京)を下していた平野が幸先よく2ゲームを先制。吉田も懸命に追いつきフルゲームに持ち込んだが、最後は平野得意のYGサーブからの3球目攻撃が決まり、TT彩たまが勝利に王手をかけた。

平野、気迫の3球目攻撃

4番:イムジョンフン 1-3 黄鎮廷

後がない岡山は韓国からの助っ人左腕・イムジョンフンを起用。対するTT彩たまは単複で活躍する頼れるペンホルダー・黄鎮廷を4番に据えた。勝負はここまでのシングルスと同様に、接戦模様に。1ゲームずつを奪い合って迎えた3ゲーム目もデュースになる。ここで高い集中力を発揮した黄がゲームを取得し、勢いそのままに勝利を掴んだ。

TT彩たまにとっては年内最後の試合となったが、見事2位浮上を決め、良い年越しを迎えられることだろう。

12/26 岡山 1-3 T.T彩たま

◯上田仁/森薗政崇 2-0 高木和卓/黄鎮廷
11-5/11-6

吉村和弘 2-3 ◯チョンヨンシク
14-16/12-10/8-11/11-7/9-11

吉田雅己 2-3 ◯平野友樹
6-11/4-11/11-7/11-7/10-12

イムジョンフン 1-3 ◯黄鎮廷
5-11/16-14/10-12/8-11

文:ラリーズ編集部