鹿島だこ水揚げ最盛期

©株式会社茨城新聞社

水揚げされた「鹿島だこ」。赤いネットで保護されている=25日午後、鹿嶋市平井

正月食材として人気があり、鹿島灘の冬の味覚として知られる「鹿島だこ」の水揚げが最盛期を迎えている。競りが行われている茨城県鹿嶋市平井の鹿島灘漁業協同組合では、大勢の仲買人で活気づいている。

鹿島だこは鹿島灘の荒波にもまれ、肉厚で歯応えがあるのが特長。25日、同漁協では今年最高の約3トンが水揚げされた。タコは傷が付かないよう赤いネットで持ち込まれ、次々に競り落とされていった。

漁協職員によると「例年より(漁獲量は)少なめだが、大きいタコが多い」と話す。漁期は来年2月末まで。(藤崎徹)