菅野入団拒否も上沢、近藤ら躍動の2011年…球団別“ベスト&ワースト”ドラフト

©株式会社Creative2

同期入団の日本ハム・近藤健介(左)、上沢直之【写真:荒川祐史】

2011年はドラ1逃すも主力野手獲得に成功、6位には上沢も

 残りわずかとなった2018年。今季は西武が10年ぶりにパ・リーグを制し、広島は3年連続でセ・リーグの頂点に立った。そして、日本一に輝いたのは、パ・リーグ2位からクライマックスシリーズ(CS)を勝ち上がったソフトバンク。2年連続で栄冠を手にし、シーズンは幕を閉じた。

 オフに入り、各球団は来季の戦力編成に着手。ドラフトで指名された期待のルーキーたちの入団も正式に決まり、お披露目の場となる新入団選手発表も続々と行われた。今秋のドラフトでは中日に入団した根尾昂内野手やロッテの藤原恭大外野手、広島の小園海斗内野手、日本ハムの吉田輝星投手、西武の松本航投手、ソフトバンクの甲斐野央投手らが話題となったが、今後、彼らがどういった活躍を見せるかは来季以降の注目となる。

 毎年話題となるドラフトだが、その成果は指名から5年、10年経たないと分からない。そこで、ここでは各球団のドラフトを遡り、指名から4年が経った2014年から2008年の“ベスト”と“ワースト”ドラフトを独自で選出した。

 第4回は日本ハムだ。まず、“ベスト”ドラフトは2011年だ。

 巨人入りを望んでいるとされていた菅野を1位で指名し、巨人との競合の末交渉権を獲得。しかし、菅野の入団拒否の意志は固く、契約には至らなかった。にもかかわらず、2位以下で多くの有望株を発掘し、ドラ1不在の影響を感じさせない結果になったことから、2011年を“ベスト”ドラフトに選定した。

 2位の松本、4位の近藤、6位の上沢はいずれも侍ジャパン選出経験のある主力選手だ。松本は2017年にブレイクし、初の規定打席に到達。リーグ10位となる打率.274を残した。今季は不振に終わり54試合の出場にとどまったが、復活が期待される。近藤は2度の打率3割を誇り、今季は打率リーグ3位(.323)、出塁率リーグ2位(.427)の好成績を残した。上沢は今季が初の規定投球回到達で、リーグ3位の防御率3.16を記録し、日本ハムのエースへ成長を遂げた。

 即戦力投手として期待された森内は、ルーキーイヤーにリリーフとして56試合に登板。故障の影響もあり、その後は3年間で12試合の1軍登板にとどまったが、2012年のリーグ優勝に大きく貢献した選手の1人だ。

 石川は2017年に吉川とともに巨人へトレードで移籍。トレード相手として巨人から加入した公文と大田は主力選手として及第点の成績を残している。

ドラフトでは常に一定の成果も、ワーストは唯一主力が移籍の2009年

 ドラフト1位では競合覚悟でその年一番の選手を指名し、2位以降では高卒の若い選手を中心に指名することが多い日本ハム。ドラフトでは中島卓也(2008)、西川遥輝(2010)、大谷翔平(2012)といった主力選手や、矢貫俊之(2008)、鍵谷陽平(2012)、白村明弘(2013)といったリリーフ投手など、上位下位を問わず毎年コンスタントに成果を上げている傾向にある。その中であえて“ワースト”ドラフトを挙げるとすれば2009年だろう。

 1位の中村勝は2014年に8勝を挙げたが、その後は伸び悩み気味。2017年シーズン途中にはトミー・ジョン手術を受け、今季は全休となった。

 今季オリックスに移籍した増井こそ中継ぎエースとして毎年60試合前後に登板。2014年以降は主にクローザーを任され、2016年途中から終了までは先発として日本一に貢献するなど主力として成績を残した。ただ、その他選手の活躍は今ひとつなことから、2009年を“ワースト”ドラフトとした。

“ベスト”ドラフト
【2011】
1 菅野智之投手
入団せず
2 松本剛内野手
2018:54試合126打数28安打1本塁打9打点 .222
通算:194試合565打数145安打6本塁打44打点 .257
3 石川慎吾外野手(→巨人)
2018:17試合26打数5安打0本塁打0打点 .192
通算:219試合464打数101安打8本塁打43打点 .218
4 近藤健介捕手
2018:129試合462打数149安打9本塁打69打点 .323
通算:536試合1677打数511安打26本塁打217打点 .305
5 森内壽春投手
通算:68試合0勝1敗0セーブ16ホールド 4.03
6 上沢直之投手
2018:25試合11勝6敗0セーブ0ホールド 3.16
通算:76試合28勝29敗0セーブ1ホールド 3.39
7 大嶋匠捕手(2018年戦力外)
2018:2試合2打数0安打0本塁打0打点 .000
通算:15試合18打数3安打0本塁打1打点 .167

“ワースト”ドラフト
【2009】
1 中村勝投手
2018:1軍出場なし
通算:59試合15勝16敗0セーブ0ホールド 3.92
2 大塚豊投手(2016年戦力外)
通算:27試合1勝1敗0セーブ2ホールド 5.40
3 加藤政義内野手(2013年→DeNA、2015年戦力外)
通算:52試合88打数17安打1本塁打5打点 .193
4 運天ジョン・クレイトン投手(2014年戦力外)
通算:1試合0勝0敗0セーブ0ホールド 9.00
5 増井浩俊投手(→オリックス)
2018:63試合2勝5敗35セーブ9ホールド 2.49
通算:465試合35勝33敗145セーブ138ホールド 2.68
6 荒張裕司捕手(2016年戦力外)
通算:1軍出場なし(Full-Count編集部)