写真誌「デイスジャパン」元編集長 呆れたセクハラ!写真教えてあげると、女子大生らに性関係強要

©株式会社ジェイ・キャスト

「すべてのことは被害者の側から報道するということです」

報道の意義をこう話す写真誌「DAYS JAPAN(デイズジャパン)」の元編集長で写真家の広河隆一氏(75)が、立場を利用して女性たちに性行為を迫っていたと週刊文春(1月3・10日号)が伝え、「モーニングショー」は記事を紹介した。

記事に登場するフォトジャーナリスト志望の女子大生(当時20)は、デイズジャパンでアルバイトをしていた10年前、広河氏から「君は写真が下手だから僕が教えてあげよる」といわれ、実習場所として指定された近くのホテルの部屋に行くと、ベッドに押し倒され、性行為をされてしまったという。

2か月後に再び新宿・歌舞伎町のホテルに連れて行かれたが、「広河に見放されたらジャーナリストの道は開けないかもしれない」と関係を許してしまったと話す。広河氏から同じように誘われた女性計7人が、被害を訴えているという。

ホームページで苦しい弁明・謝罪

広河氏は週刊文春の取材に、「強要したものではない。女性たちが僕に魅力や憧れを感じたりしたのであって、僕のせいじゃないでしょ」と反論していたが、きのう26日(2018年12月)に、ホームページに「私の向き合い方が不実であったため、このように傷つけることになった方々に対し心からお詫びします」と謝罪の書き込みをしていた。

高木美保(タレント)「女性にとって、こういう人は消えて欲しいですよ。(被害者は)ジャーナリストをめざし真剣に取り組んでいた人たちです」

玉川徹(テレビ朝日解説委員)「地位や立場を利用した卑怯な男ですよ」

なお、デイズジャパンは来年(2019年)2月に休刊が決まっている。