【MLB】アストロズ三塁手が“太っ腹”サンタに 現金配り、米メディア驚き「気前がいい」

©株式会社Creative2

アストロズのアレックス・ブレグマン【写真:Getty Images】

ファーストフード店の従業員に現金をプレゼントする様子を自身のYouTubeチャンネルで公開

 アストロズの不動の三塁手で、今季31本塁打を放ったアレックス・ブレグマン内野手。押しも押されもせぬメジャー球界を代表する野手となった24歳が、クリスマスに“太っ腹”なサプライズを決行し、話題となっている。

 米メディア「NBCスポーツ」は26日(日本時間27日)に「クリスマスにアレックス・ブレグマンがファーストフード店の従業員にお金をあげる」と伝えた。ブレグマンの公式ユーチューブチャンネルに公開された動画も引用し、ブレグマンが“クリスマスプレゼント”を配る様子を紹介した。

 記事によると「昨日、ブレグマンは何人かの仲間と共に(ヒューストンにある)色々なファーストフードレストランを車ではしごする動画を撮影した」とされている。ドライブスルーで従業員に「チップを受け取るか?」と尋ね、「受け取る」と答えた従業員に、100ドル(約1万1000円)のチップを与えていった。

 また、別のファーストフード店では、1人の従業員に「スタッフは何人いるか」と質問。7人との回答に、ブレグマンは1人に対して100ドル、計700ドル(約7万7000円)をプレゼント。MLBを代表するプレーヤーのサプライズクリスマスプレゼントに「彼らの反応はプライスレスだった」と記事では伝えている。

 これまでにも、このようにチップを配ったことがあるようで、記事では「お金を与えたブレグマンは、実に気前がいい。特に経済的な面などのあらゆる理由により、このホリデーシーズンを迎えるのは多くの人にとって苦しい状況になりうるのだから」とされている。

 ファーストフード店の従業員の平均時給は11ドル以下(約1210円)とされ、「NBCスポーツ」は「事実を知っているからこそ、ブレグマンがチップを与えた従業員たちが見せた反応は、理解できるものなのだ」と指摘していた。(Full-Count編集部)