京大のES細胞論文を撤回

使用した細胞や実験記録なし

©一般社団法人共同通信社

 京都大iPS細胞研究所は28日、2012年6月に米科学誌セル・ステム・セルに掲載された胚性幹細胞(ES細胞)に関する論文1本が撤回されたと発表した。使用した一部の細胞が保存されておらず、実験を再現できるだけの記録やデータも残っていなかった。

 論文は研究所の山下潤教授が責任著者で、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を巡る論文で捏造と改ざんをしたとして懲戒解雇処分を受けた山水康平・元特定拠点助教が、実験に主に関与した筆頭著者だった。山水氏の問題が今年1月に発覚し、山下氏が関連する論文を自主的に検証し、科学誌の編集者に報告した。