【スペシャルケア部門ベスト3】CAメディアベストコスメアワード2018

©シーエーメディアエージェンシー/ハニーコミュニケーションズ

第1位 ルルルン フェイスマスク ルルルン バランスうるおいタイプ

 

スペシャルケア部門第1位に輝いたのは、「フェイスマスク ルルルン バランスうるおいタイプ」。

 

たっぷりの化粧水が染みこんだ大容量タイプのシートマスク。毎日の化粧水を「塗る」より「貼る」ことで肌にじっくり浸透させる、新スタイルのスキンケアを提案する商品です。

 

「大容量かつ1枚ずつ取り出しやすいので、お風呂上りにまずこのフェイスマスクをつけて、子どもの肌ケアや着替えの手伝いをしている」、「子供が小さく、スキンケアに時間をかけられないので、肌に貼ったまま他のことができるシートマスクを毎日愛用中」と子育てママから熱い支持を集めました。

 

毎日の化粧水代わりに使用している人が多く、「ティッシュボックス型で個別包装より使いやすく、お値段もお手頃」、「化粧水がたっぷり入っていてコスパが良い」など、使い続けやすい価格が高評価でした。

 

「アンチエイジング、ホワイトニングなど種類が多いので、気分や季節によって使い分けられる」など、ラインナップの多さも飽きない秘訣のようです。

 

「地域限定のフェイスマスクはお土産にも最適」と、フライトで訪れた場所で地域限定のフェイスマスク ルルルンを探し求めるというCAならではのコメントもありました。

フェイスマスク ルルルン バランスうるおいタイプ(グライド・エンタープライズ)

7枚入り 300円(税抜)

36枚入り 1,500円(税抜)

 

 

第2位 ウテナ プレミアムプレサ ゴールデンジュレマスク ヒアルロン酸

 

 

スペシャルケア部門第2位にランクインしたのは、「プレミアムプレサ ゴールデンジュレマスク ヒアルロン酸」。

 

たっぷり33gのジュレ状美容液が、乾燥でごわついた大人の肌を柔らげてくれるメッシュ状のシートマスクです。合成香料、合成着色料、鉱物油、アルコール、紫外線吸収剤全フリー。

 

「とにかくジェルがたっぷりで驚いた!」、「普通シートマスクは10分くらいで乾燥してきてしまうが、これは30分つけていても乾燥しないどころかまだジェルが残っている」、「肌に乗せたときのひんやり感が気持ち良く、はがしたときの保湿感とすべすべ感が半端ない」など、贅沢すぎるジェルが人気の秘訣のようです。

 

また、「メッシュ状のシートで肌への吸い付きが良い」、「ジェルがたっぷりなので長時間つけていても肌からはがれてこない」など、使い心地の良さにも評価が集まりました。

 

たっぷりのジェルを無駄なく使うため、「開封前によく袋をもんでジェルを馴染ませてから開けるようにしている」、「袋に残ったジェルはシートマスクの上に重ねている」など、使い方を工夫している人も見られました。

 

プレミアムプレサ ゴールデンジュレマスク ヒアルロン酸(ウテナ)

3枚入り 700円(税抜)

 

 

第3位 SK-II フェイシャル トリートメント マスク (集中保湿マスク) 

 

 

スペシャルケア部門第3位にランクインしたのは、「SK-II フェイシャル トリートメント マスク (集中保湿マスク) 」。

 

SK-IIの独自成分であるピテラ™をたっぷり配合。うるおいに満ちたクリアな素肌へ導いてくれる集中シートマスクです。今では多くの女性が使用しているシートマスクですが、こちらシートマスクの誕生は1981 年シートマスクの先駆けともいえるパックです。 

 

「値段は高いが、信頼感がある」、「特に肌が疲れているときに使用すると、肌が蘇る気がする」など、ここぞというときのスペシャルケアとして取り入れているというコメントが目立ちました。

 

また、化粧水「SK-II フェイシャル トリートメント エッセンス」と併せて、スペシャルケアにマスクを使用している人が多いようでした。化粧水部門では惜しくもベスト3にランクインしなかったものの、「SK-II フェイシャル トリートメント エッセンス」も、「肌のキメを整えてくれ、ツヤツヤなお肌になる」、「これを使うと肌が安定している」など、CA達から多くの票を集めました。

 

SK-II フェイシャル トリートメント マスク (集中保湿マスク)SK-II)

6 枚入り 10,000 円(税抜)

 

 

シートマスクはCAの必需品

スペシャルケア部門では、4位以下もシートマスクがずらりと並ぶ結果となりました。やはりシートマスクはCAにとって必需品と言えるようです。

 

ちなみにシートマスク以外で票が多かったのが、美顔器やスチーマー、信頼のおけるエステなど。

 

乾燥する環境で長時間過ごすCAだからこそ、忙しい合間を縫って肌コンディションを整える努力をしている様子が窺えました。

 

 

他部門のランキングもチェック!

CA Mediaベストコスメアワード2018特集ページ