脊髄損傷に再生医療承認、厚労省

来春、札幌医大など初の実用化へ

©一般社団法人共同通信社

記者会見する札幌医科大の塚本泰司理事長(右から2人目)ら=28日午後、札幌市

 札幌医科大とニプロ(大阪市)は28日、札幌市内で記者会見を開き、共同開発した脊髄損傷に対する治療用の幹細胞「ステミラック」が、厚生労働省から製造販売の条件付き承認を受けたと明らかにした。脊髄損傷に対する細胞医療として初の実用化になり、来春から治療を開始する見込み。

 けがから31日以内の重症患者が対象。骨髄液を採取し、間葉系幹細胞を取り出して増殖させ、静脈に注射する。幹細胞が、損傷した神経の再生を促し、知覚や運動機能が回復。リハビリ以外の有効な治療手段となることが期待されている。

 同様の治療で、脳梗塞などの神経疾患でも症状の改善が見込めるという。