こんなおしゃれな粉もんも!? 関西女子に教えたい「粉もん」グルメ7選

©ytvメディアデザイン

関西女子なら、本当においしい粉もん屋さんは知っておきたいですよね!

今や定番のお好み焼きだけでなく、洋風にアレンジした個性派の粉もんグルメまで登場し、粉もんの進化はとどまることを知りません。

そこで今回は定番から個性派まで、大阪、兵庫で食べられる粉もんグルメ7つをご紹介します。思わず粉もん女子会をしたくなること間違いなしです。

■1:ミシュランが認めた味!『味乃家ミックス焼き』(難波『味乃家』)

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

なんば駅から徒歩3分の場所にある『味乃家(あじのや)』。ミシュランビブグルマンに選出された名店で、外国人からも大人気のお店です。

人気のメニューは『味乃家ミックス焼き』(1,300円・税込)! 小麦粉や山芋などが独自に配合された少量の生地に、キャベツがたっぷりと入った超ふわトロなお好み焼きは、一度食べたらクセになってしまうおいしさです。

<店舗情報>
味乃家(あじのや)
住所:大阪府大阪市中央区難波1-7-16 現代こいさんビル2F
最寄駅:大阪メトロ御堂筋線『なんば駅』
電話番号:06-6211-0713
営業時間: 【火~金】12:00~22:45(L.O.22:00)【土・日・祝】11:30~22:45 (L.O.22:00)
定休日:月曜日

■2:メレンゲを使った新食感の『トマトとチーズのフワフワ焼き』(上新庄『創作鉄板ダイニング 大』)

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

上新庄駅から徒歩5分の場所にある『創作鉄板ダイニング 大』は、珍しい組み合わせのお料理をいただけるということで、人気のお店なんです。

ご主人自慢のメニューが『トマトとチーズのフワフワ焼き』(990円・税込)。一度食べたらクセになる、ふわふわな新食感のお好み焼きです!

生地にメレンゲを使用しているのが、ふわふわの秘訣。上にかかっている濃厚チーズソースとの相性もよく絶品! 小麦粉を使わないから低カロリーなのもうれしいですよね。

<店舗情報>
創作鉄板ダイニング 大
住所:大阪府大阪市東淀川区豊新4-25-9
最寄駅:阪急『上新庄駅』
電話:06-6324-2022
営業時間:17:00~25:00(L.O.24:00)
定休日:水曜日

■3:芸人・友近さんも愛したふわふわなお好み焼き『豚玉』(日本橋『お好みハウス マンボウ』)

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

日本橋駅のすぐ近くにあるお店『お好みハウス マンボウ』は、創業30年以上続く、地元で愛され続けている老舗のお好み焼き屋さんです。

芸人の友近さんも15年通い続けたことがあるのだとか!

なかでもおすすめのメニューが『豚玉』(600円・税込)です。ふわふわ食感が特徴的のお好み焼きですが、その秘密は、風味の良いかつおだしで溶いた生地に、すりおろした山芋を加え一晩寝かしているからなんだそう。

<店舗情報>
お好みハウス マンボウ
住所:大阪府大阪市中央区日本橋1-21-18
最寄駅:近鉄・堺筋線・千日線『日本橋駅』
電話:06-6632-7728
営業時間:18:00~翌2:00(※平日)/18:00~0:00(※日・祝日)
定休日:不定休

■4:韓国風鉄板焼きが関東でも大ウケ!『ぎゅんた焼き』(神戸『ぎゅんた』)

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

2003年にオープンした『ぎゅんた』では、リーズナブルな価格でお好み焼きがいただける評判のお店。

なかでもイチオシのメニューは『ぎゅんた焼』(1,100円・税抜き)!

おいしさの秘密は、旨味を引き出すために使用されている、秘伝のタレ。“ヤンニンジャン”という韓国の辛味噌を使用したタレで、お好み焼きのおいしさを引き立たせてくれます。

この韓国風の鉄板焼きは、関東でも流行中なんだとか。

<店舗情報>
ぎゅんた
住所:兵庫県神戸市灘区弓木町3-2-5
最寄駅:JR『六甲道駅』
電話:078-842-1422
営業時間: 17:30~22:00
定休日:月曜・火曜(※祝日は営業)

■5:長年愛されてきた郷土メシ『かしみん焼き』(岸和田『泰ちゃん』)

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

岸和田駅から歩いて5分の場所にある鉄板焼きのお店『泰ちゃん(やっちゃん)』。だんじり祭りのスタート地点にあるお店です。

大人気なのが岸和田名物『かしみん焼き』(500円・税抜き)。クレープ状にした生地の上に、カツオとキャベツをたっぷり。その上に、鶏肉と牛脂ミンチをのせるのが特徴。

もんじゃ焼きとお好み焼きの中間のような独特の食感と、牛脂ミンチの風味がたまらなくおいしいですよ。

<店舗情報>
泰ちゃん
住所:大阪府岸和田市五軒屋町1-11
最寄り駅:南海『岸和田駅』
電話:072-431-8889
営業時間:17:00~23:00(日曜のみ12:00~21:00)
定休日:火曜・第三水曜

■6:世界中から愛される『すじねぎ焼』(なんば『福太郎』)

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

なんばグランド花月から徒歩3分の場所にある『福太郎 本店』は、全世界からやってくるお客さんで連日行列ができるほどの超人気店。

なかでも、『すじねぎ焼』(1,180円・税込)が絶品と評判です。シャキシャキ感と濃厚な甘みが特徴の“難波ねぎ”と、約6時間かけて煮込んだ神戸牛の牛すじがたっぷり入っていて、最高の味わい。

4種類のしょうゆをブレンドした特製しょうゆタレとの相性も抜群です!

<店舗情報>
福太郎 本店
住所:大阪府大阪市中央区千日前2-3-17
最寄駅:御堂筋線『なんば駅』
電話:06-6634-2951
営業時間:【平日】17:00~24:30【土・日・祝】12:00~24:00
定休日:年中無休

■7:フレンチと粉もんがコラボした『フロマージュ焼き』(心斎橋『大阪粉もんバル デンナー』)

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

元フレンチシェフのオーナーが開発した新感覚の“粉もん”が味わえる『大阪粉もんバル デンナー』。心斎橋で今大注目を集めているんです。

お店の人気No.1メニューは、ふわとろ食感がたまらない『フロマージュ焼き』(1,480円・税抜き)。3種類のチーズとホワイトソースをトッピングしているので超クリーミー!

厚く焼いたパンケーキのような『フロマージュ焼き』は、ナイフとフォークでいただきます。ナイフを入れると、とろとろのソースが見た目にも食欲をそそります!

<店舗情報>
大阪粉もんバル デンナー
住所:大阪府大阪市中央区東心斎橋1-18-4 大友ビル2F
最寄駅:御堂筋線『心斎橋駅』約3分
営業時間:17:30~翌3:00(※日曜は23:00まで)
定休日:なし

いかがでしたか? 定番のお好み焼きから個性派まで、進化し続ける関西名物の粉もんグルメ。ぜひ自分だけのとっておきのお店を見つけてみてくださいね。(文/藤田真奈)

【画像・参考】
読売テレビ『かんさい情報ネットten.』(月曜~金曜 夕方4時47分~)

この記事は公開時点での情報です。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。