【平成の長崎】パワーさく裂!!米佐世保基地と西海市民

平成23(2011)年

©株式会社長崎新聞社

 佐世保市の米海軍佐世保基地の関係者と西海市民が参加する「米軍基地・西海市親善ソフトボール大会」が16日、同市西海町の横瀬浦公園グラウンドであった。
 西海市民らでつくる実行委が主催。年1回、同グラウンドと同基地のニミッツパーク(佐世保市)で交互に行っている。今年で6回目。
 計約120人が参加。基地側は軍人、消防局、女性らで4チームを編成。迎え撃つ西海市側も4チームつくり、ソフトボールの愛好者のほか、女子高校生、田中隆一市長も出場した。試合では米国人選手のパワーあふれる打撃に、攻守を超えて歓声が上がり、和気あいあいと“国際試合”を楽しんだ。
 西海町には米海軍横瀬貯油所があり、12年度にはエアクッション型揚陸艇(LCAC)の駐機場が移転する予定。
(平成23年10月20日付長崎新聞より)
   ◇   ◇   ◇
【平成の長崎】は長崎県内の平成30年間を写真で振り返る特別企画です。

力強い打撃を見せる米海軍佐世保基地の女性チームの選手=西海市、横瀬浦公園グラウンド