「ストレス解消のため」と道路にロープ 41歳男を逮捕

©株式会社神奈川新聞社

 相模原市の市道で26日、路上に張られたロープにオートバイが引っ掛かって転倒した事件で、相模原南署は29日、殺人未遂の疑いで、相模原市南区のパートの男(41)を逮捕した。

 逮捕容疑は、26日午前3時35分ごろ、同市南区相模台1丁目の市道にロープを張り、オートバイで通り掛かった同区内に住むパート男性(45)を転倒させて軽傷を負わせた、としている。

 署によると、容疑者は「ロープを道路に張ったことは間違いない。日々のストレスの解消のためにやった」と供述し、事実関係を認める一方、「死んでもいいとは思っていなかった」とも述べ、殺意を否認している。

男性がロープに引っ掛かり転倒した現場。電柱に結んであるのは張られていたロープ=26日午後、相模原市南区