水都国際中6・34倍 新設の公立中高一貫校

©株式会社新日本海新聞社

 大阪市教育委員会は28日までに、来年度に開校する中高一貫校、水都国際中の志願倍率は6・34倍だったと発表した。募集人員80人に対し、507人が志願した。

 同校は、全国初の公設民営の中高一貫校。英語教育に重点を置き、国際的な教育プログラム「国際バカロレア(IB)」の導入などで注目を集めていた。

 市教委は、もう1校の市立中高一貫校・咲くやこの花中の倍率も公表。ものづくり(理工)5・15倍▽スポーツ2・60倍▽言語4・85倍▽芸術(美術・デザイン)4・40倍−だった。

 2校とも試験は来年1月26、27日。合格発表は2月2日。

 府教育庁も府立中高一貫校の富田林中の倍率を発表。120人の募集に434人が志願し、3・62倍だった。試験は1月26日、合格発表は2月3日。