若さ爆発、魂の叫び 盛岡、高校生バンドが力競う

©株式会社岩手日報社

優勝したCrocusの(左から)岩泉将司さん、山口蓮苑さん、千葉樹生さん

 県内の高校生バンドが実力を競う「NOTICE CHAMPIONS LEAGUE’18」(盛岡クラブチェンジ主催)は28日、盛岡市大通のクラブチェンジWAVEで開かれた。今回で9回目。16組約70人が出場し、県内一をかけて年末のライブハウスに魂の叫びを響かせた。盛岡工高の3人組バンド「Crocus(クロッカス)」が優勝した。

 出場バンドは4ブロックに分かれて自作の1曲を演奏し、審査を経て勝ち上がるトーナメント形式。出場者はバンド活動に懸ける情熱を演奏に乗せ、観客を引きつけた。

 Crocusは岩泉将司(まさし)さん(3年)、千葉樹生(いつき)さん(2年)、山口蓮苑(れおん)さん(1年)によるパンクバンド。高校生の思いの丈を詰め込んだオリジナル曲「Loneliness(ロンリネス)」を披露した。決勝は3組で争い、審査員の採点や観客の票を集めて栄冠をつかんだ。