札幌爆発、消臭契約他店の10倍

未実施も、道警経緯捜査

©一般社団法人共同通信社

 52人が負傷した札幌市豊平区の爆発で、発生元とされる不動産仲介「アパマンショップ平岸駅前店」では今年、消臭サービスの契約件数が他の系列店の10倍近くに上り、突出していたことが29日、関係者への取材で分かった。平岸駅前店では契約しながら実施しないケースもあった。爆発時、店内に大量の消臭スプレーがあり、北海道警が経緯を調べている。

 関係者によると、運営する複数の他店では今年、消臭サービスの契約が月1件程度で、スプレーも在庫が少なくなると随時発注していた。平岸駅前店の契約は月10件近くあり、毎月スプレー30本をまとめて仕入れていた。