JR貨物、EF210電気機関車やHD300ハイブリッド機関車を増備

©株式会社エキスプレス

JR貨物は、機関車9両、コンテナ3950個を増備する。

機関車は、高速・重けん引用 EF210形 電気機関車4両と、駅構内入換作業用 HD300形 ハイブリッド機関車5両を増備。

EF210は、JR貨物が川崎重工業と三菱電機に発注している機材。国鉄がつくったEF66形電気機関車とも共通運用できるVVVFインバータ(1C2M)搭載機。愛称は「ECO-POWER 桃太郎」。

HD300は、JR貨物が東芝に発注している機材。GSユアサ製リチウムイオン電池を主動力源とし、電動モーターで駆動してはしる。搭載されているディーゼルエンジンで発電する。

またコンテナは、両側開きタイプ20D形を2650個、妻側開きタイプ20G形1300個を増備する。

<関連記事>
川崎重工業、機関車製造 5000両超えを達成 _その5000両目はあの電気機関車
パンタおろすEF210やEF65_静かすぎでなにも起きない千葉機関区
なに!? なにがくるのよ! タキ、コキ、タキ、ピカピカ貨車をカメラ構えてじっと待つ人に遭遇